これまで、米国の10代の若者たちの多くがオーラルセックスを行っているという報告が複数あったにもかかわらず、この年代の性行為を対象とした研究は膣性交に関するものばかりだった。しかし、中学3年生(9年生)対象にした調査の結果、米国のローティーンは口腔性交をより多く体験し、安全で罪悪感が少ない行為だと考えていることが明らかになった。米California大学San Francisco校のBonnie L. Halpern-Felsher氏らの研究グループがPediatrics誌4月号に報告したもの。

ログインして全文を読む