関節リウマチが疑われるが診断基準を満たさない症例は少なくない。このような場合は、早期診断での有用性が評価されている血清マーカー、抗シトルリン化タンパク抗体(抗CCP抗体)に着目し、「抗CCP抗体陽性であれば抗リウマチ薬治療を開始すべき」とする見解が報告された。4月20日のシンポジウム「RAの早期診断」で、京都大学の三森経世氏が発表した。

ログインして全文を読む