リウマチに関する医療費は年々増加傾向にあるが、長期的には積極的な治療により医療費の削減につながる−−。東京女子医科大学が進めている大規模コホート試験「J-ARAMIS」により明らかになったもので、田中栄一氏らが4月18日のポスターセッションで報告した。

ログインして全文を読む