日本内科学会など8学会は4月10日、日本内科学会総会で、メタボリックシンドロームについての疾病概念および診断基準に関する記者会見を行った。メタボリックシンドロームとは、「動脈硬化性疾患のリスクが高い状況をスクリーニングする概念」であるとした。高脂血症や高血圧、高血糖など動脈硬化性疾患の発症リスクを高める疾患に至る前段階で改善を図ることを目的とする。

メタボリックシンドロームに診断基準、内科系8学会が合同で作成の画像

ログインして全文を読む