関節リウマチ膝に対するFNK型人工膝関節置換手術(TKA:Total Knee Arthroplasty)は、8年ぶりに立位歩行が可能になった症例も現れるなど、その臨床成績が極めて良好であることが分かった。日本大学の西郷嘉一郎氏(写真)が4月18日のプレナリーセッションで発表した。

ログインして全文を読む