テリスロマイシン(商品名はケテック)服用によって意識消失が起こる場合があることを薬剤師が説明していたにもかかわらず、服用後に自動車を運転した患者が運転中に意識を失う事例が発生した。このことを重く見た厚生労働省は4月15日付けで販売元のアベンティスファーマに対し、(1)患者用の説明資料の作成、提供、(2)服用後の運転が危険であることを患者に説明するよう医薬関係者に依頼する、(3)発生機序解明のための調査・研究の実施、などを指示した。

ログインして全文を読む