高知大学医学部教授の執印太郎氏らは、VHL(Von Hippel-Lindau)病患者のQOL(Quality Of Life)が頻回の手術によって低下していることを示唆する結果を4月13日に東京で開催された日本泌尿器科学会のポスターセッションで報告した。

ログインして全文を読む