世界保健機関(WHO)は4月12日、「アジア風邪」の原因となったH2N2型インフルエンザウイルスのサンプルが誤って世界18カ国の計3747カ所の研究施設に配送されていたと発表した。保存していた米国の実験施設からイスラエル、中国などに送られていたという。アジア風邪は1957年に大流行し、全世界で少なくとも100万人以上が死亡したとされている。

ログインして全文を読む