ビタミンやミネラルを積極的に摂れば、風邪など感染症にかかりにくくなるという“常識”は、高齢者に関する限り、証拠不十分のようだ。マルチビタミンとミネラル・サプリメントの摂取が高齢者の感染を抑制できるかどうかを評価する無作為割付比較対照試験(RCT)の系統的レビューとメタ分析で明らかになった。英国Royal Hallamshire病院のAliaEl-Kadiki氏らが、British Medical Journal誌電子版に3月31日に報告した。

ログインして全文を読む