厚生労働省は3月31日、介護予防サービス評価研究委員会において、2006年の介護保険制度改正で新たに導入される「新予防給付」の対象者選定案を示した。同時に、導入の際に事務手続きがスムーズに行われるかを確認するため、モデル事業の実施も発表した。

ログインして全文を読む