経済産業省は今年1月から「健康サービスビジネス化研究会」で健康増進や予防などの新たな健康サービスの事業化について検討を進めてきたが、科学的根拠に基づく健康プログラムを提供する「ヘルスケアマネジメント」型のサービスが、早期に事業化を期待できる、などとする中間提言を3月30日に公表した。

ログインして全文を読む