3月29日、厚生労働省の「がん医療水準均てん化の推進に関する検討会(以下、均てん化検討会)」の最終回が開催され、報告書案について審議された。委員から出た意見によって細部を修正したうえで、近日中に座長(国立がんセンター総長、垣添忠生氏)から厚労大臣の尾辻秀久氏に提出される。

報告書まとまる、がん拠点病院を再編成の画像

ログインして全文を読む