ようやく今シーズンのインフルエンザ流行は収まりつつあるようだ。国立感染症研究所の感染症情報センターは3月29日、「今シーズンの流行のピークは過ぎ去りつつある」と発表した。未だに全国584の保健所管轄地域のうち507地域が警報レベルにあり、油断はできないが、全国5000カ所のインフルエンザ定点あたりの報告数(1医療機関あたりの患者数)は第9週をピークに第10週、11週と2週連続で減少した。

ログインして全文を読む