福岡大学循環器科の三浦伸一郎氏は、急性心筋梗塞(AMI)患者におけるPCI後の冠動脈再狭窄に対するバルサルタンとロサルタンの効果を比較検討し、バルサルタンは、接着分子、ケモカインの発現を抑制することで再狭窄を減少させていることを報告した。

ログインして全文を読む