米国食品医薬品局(FDA)は3月17日、I型・II型糖尿病の新たな治療薬として、Symlin(成分名:pramlintide acetate)を承認した。インスリン以外でFDAの承認を受けたI型糖尿病治療薬はSymlinが初めて。インスリンだけでは血糖値コントロールが十分でない患者に対し、インスリンと併用することで、食後3時間の血糖値を下げる作用があるという。血糖値の増減幅を小さく抑える、いわゆる“タイトコントロール”を助ける効果があるようだ。

ログインして全文を読む