腹部超音波法による内臓脂肪の測定が心血管疾患危険因子の評価に有用であることが示された。札幌医科大学の千葉雄氏らが3月20日のポスターセッションで報告した。

ログインして全文を読む