慢性的な喫煙は血液中の血管内皮前駆細胞の数を減らし、その遊走能も下げることが分かった。久留米大学第三内科の竹下吉明氏(写真)らが3月19日のポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む