3月10日に開かれた厚生労働省「第2回ゲフィチニブ検討会」では、非小細胞肺癌の治療薬ゲフィチニブ(商品名:イレッサ)の延命効果を調べたISEL(IRESSA Survival Evaluation in Lung Cancer)試験の詳細な解析結果が公表された。この日の焦点となったのは、東洋人を対象にしたサブグループ解析の結果をどう読むかという点になった。

ログインして全文を読む