神奈川県自然環境保全センターは3月9日、スギ花粉の飛散量が2001年の測定開始以来の最高値を記録したと発表した。花粉の本格的な飛散が始まったわけだが、まだ、花をつけたスギの多くで花粉を飛散していないため、「今後さらに警戒が必要」(保全センター)と呼びかけている。

ログインして全文を読む