痛みや炎症などによって交感神経の活動が亢進している場合には、低周波刺激を与えて交感神経の緊張状態を改善することで、疼痛や腫脹を軽減できるという。関節リウマチなどによる疼痛や腫脹に対して低周波刺激が著効した2症例について、久米田外科整形外科病院整形外科の柴田敏弥氏が3月5日の一般口演で報告した。

ログインして全文を読む