3月5日、国立がんセンターは、癌診療医の“就職紹介制度”を開始することを、横浜で開催された「地域がん診療拠点病院シンポジウム」において発表した。同センターで癌診療の研修を受けた医師を、30カ所の全国がん(成人病)センター協議会加盟施設と、135カ所の地域がん診療拠点病院に紹介する仕組み。

国立がんセンターが“就職紹介” がん診療医を全国に向けて供給の画像

ログインして全文を読む