3月5日、横浜で開催された第3回日本臨床腫瘍学会総会の会場で「地域がん診療拠点病院シンポジウム」が開かれた。このシンポジウムは厚生労働省によって、全国135カ所の地域がん診療拠点病院(以下、がん拠点病院)を対象に、がん拠点病院の機能向上と均てん化(全国的に質の高い水準に合わせていくこと)を狙いとして開催された。がん拠点病院のうち約100病院が出席した。

地域がん診療拠点病院シンポジウム開催、機能向上果たせば診療報酬上の優遇もの画像

ログインして全文を読む