九大膠原病研究会の吉澤滋氏(国立病院機構福岡病院リウマチ科)らは、関節リウマチ(RA)患者に対するインフリキシマブの臨床効果について多施設共同研究を進めている。今回、その中間治療成績について検討した結果、従来の自験報告とほぼ同等の有効性を認めた。

ログインして全文を読む