3月5日に行われた第3回日本臨床腫瘍学会総会の会長講演で堀田知光氏は、わが国の癌薬物療法における問題点に言及、解決策への展望を語る中で、世界標準の抗癌剤が使える環境作りに積極的にかかわっていく方針を示した。

会長講演:世界標準の抗癌剤が使える環境作り目指すの画像

ログインして全文を読む