ATTRACT studyでは、メトトレキサート(MTX)単独群で関節破壊が進行したのに対し、MTX+インフリキシマブ併用群ではその進行が停止した。その機序についてはインフリキシマブが関節炎の抑制だけでなく、骨代謝系に直接作用して破骨細胞の活性を阻害した可能性が考えられている。産業医科大学第一内科の名和田雅夫氏らは、関節リウマチ(RA)症例の骨代謝に及ぼすインフリキシマブの作用を検討。インフリキシマブが滑膜炎症の制御と異なる機序でも骨代謝に好影響を及ぼす可能性があるとした。

ログインして全文を読む