インフリキシマブの疾患活動性抑制効果および関節破壊進行抑制効果は強力である。福岡県の片井整形外科病院の長嶺隆二氏らは、インフリキシマブ投与後に関節リウマチ(RA)の活動性が劇的に低下し、スポーツが可能になった症例を紹介した。

ログインして全文を読む