日経ヘルスケア21の3月号特集では、普及し始めた医療機関格付けの現状を、実際に格付けを取得した民間の3医療機関の実例を交えながらリポートしている。医療機関が格付けを取得することの意味は、間接金融が主流の現時点ではそれほど大きくない。記事中で紹介している3医療機関も、経営内容の第三者評価を受けたかったというのが主な取得の動機だった。

ログインして全文を読む