55歳以上の人にとって、1日10g以上の食塩摂取は、虚血性脳卒中の危険因子であることが分かったという。脳卒中の予防のひとつとして「食塩を控えて」とよくいわれるが、その目安が明らかになったわけだ。脳卒中の発生率あるいはその危険因子を探索しているコホート試験のNorthern Manhattan Study(注)の成果だった。

ログインして全文を読む