ハーバード大学医学部の元助教授で、「市場原理が医療を亡ぼす」(医学書院)などの著書がある李啓充氏が、このほど来日したのを機会にインタビューに応じた。李氏は、米国で相次いだ巨大営利病院チェーンの診療報酬不正請求事件などを「犯罪歴」と断じた上で、株式会社による病院経営に疑問を投げかけた。

ログインして全文を読む