日本看護協会が2月24日に発表した「新卒看護職員の早期離職等実態調査」(速報)で、就職後1年以内で離職する新卒看護職員が増加してきている実態が浮き彫りになった。

ログインして全文を読む