愕然とするような報告だ。医師の経験年数が多いほど医療ケアの質は逆に低下する傾向が見られるという。しかも半数を超える研究では、経験年数が増えるとすべての項目で品質が低下していた。米国Harvard大学のNiteesh K. Choudhry氏らが、Medlineなどを用い、過去の研究を再調査するシステマティックレビューで明らかにしたもので、Annals of Internal Medicine誌2005年2月15日号で発表した。

ログインして全文を読む