米国Johnson & Johnson社のYixin Wang氏らは、リンパ節転移陰性患者由来の乳癌組織を対象に遺伝子発現解析を行い、遠隔転移の予測マーカーとなりうる76個の遺伝子を同定した。詳細はLancet誌2005年2月19日号に報告された。

ログインして全文を読む