厚生労働省の「行政処分を受けた医師に対する再教育に関する検討会」は2月22日、報告書案をまとめ、医療過誤などで行政処分を受けた医師に対する再教育を義務化する方針を打ち出した。ただし、再教育はどこで誰が行うのか、業務停止処分を受け医業に携われない医師に対してどんな形で技術的な教育を行うかなど、検討すべき課題も数多く残っている。

ログインして全文を読む