米国国立癌研究所(NCI)のMark P. Purdue氏らは、世界の21地域の精巣癌罹患率が1973〜1997年にどう変化したかを調べた。その結果、罹患率は世界的に上昇していること、増加率の地域差が大きいことなどが分かった。詳細は、International Journal of Cancer誌電子版で2月9日に報告された。

ログインして全文を読む