2003年の自殺による死亡件数が3万2000人を超え過去最悪となってしまった。事態を重く受け止め、具体的な対策に乗り出す動きが広がっている。自治体などもその一つで、たとえば福島県は2月21日、「今後の自殺予防対策のあり方について」を公開し、自殺予防における課題や対策の提言を行った。

ログインして全文を読む