2月に入ってインフルエンザの流行が拡大している。東京都ではインフルエンザ定点あたりの患者報告数(医療機関あたりの1週間の患者数)が2000年以降の全流行シーズンを通して最も多い38人超となった。このため、都福祉保健局は2月18日付けで「流行発生警報」を発令し、警戒を呼びかけている。

ログインして全文を読む