大阪府は2月15日、柏原市内の社会福祉施設でノロウイルスによる感染性胃腸炎が発生したと発表した。2月13日に同施設職員から八尾保健所へ「2月11日から12日にかけて、施設利用者15人程が下痢・嘔吐症状を呈している」との連絡が入り、府立公衆衛生研究所で検査した結果、15日に13検体中9検体からノロウイルスを検出したもの。

ログインして全文を読む