2005年2月1日、米国政府は、タバコ業界を相手取った訴訟で手痛い敗北を喫した。Washington, DCの連邦控訴裁判所が、政府は、民事RICO法に基づいて、タバコ業界に、過去の収益から2800億ドルを返金するよう請求できないとの判決を下したからだ。

ログインして全文を読む