痛風・高尿酸血症に対する新規治療薬である「フェブキソスタット」(一般名)の第3相臨床試験の結果が、2月7日の第38回日本痛風・核酸代謝学会総会で発表された。フェブキソスタットは、プラセボとの比較において、有意でかつ用量依存的な血清尿酸値低下作用を示し、アロプリノール常用量との比較でも、有意に強い血清尿酸値低下作用を示した。

ログインして全文を読む