厚生労働省が新たに地域がん診療拠点病院を大量指定し、その数は135カ所となった。ところが、数は増えたものの、診療の質のばらつきが問題視されはじめ、指定条件の見直しが急務になってきた。

ログインして全文を読む