London大学のPaolo Vineis氏らは、「癌と栄養に関する欧州前向き研究(EPIC)」の一部として、受動喫煙と血漿中のコチニン濃度の関係、また、呼吸器系の疾患および癌の発症との関係を調べた。詳細はBritish Medical Journal誌2005年2月5日号に報告された。

ログインして全文を読む