出血性消化性潰瘍患者にしばしばみられる再出血が、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)の除菌によって有意に抑えられることが分かった。1月28〜29日に開催された第1回日本消化管学会総会で、佐賀大学消化器内科の吉川敦氏が発表した。

ログインして全文を読む