イタリア国立癌研究所のGianni Bonadonna氏らは、再発リスクがある乳癌患者に対するCMF(サイクロフォスファミド、メトトレキセート、5-FU)を用いた術後補助療法について、長期的評価としては過去最長となる30年間の追跡結果をBritish Medical Journal誌2005年1月29日号に報告した。

ログインして全文を読む