2004年(2003年12月29日〜2005年1月2日)に新規にHIVに感染したか、またはエイズを発症した患者がついに1000人の大台を突破したことが、厚生労働省エイズ動向委員会の2004年第4四半期の報告により明らかになった。2003年の976件を超え、過去最高の報告数になる。国内のHIV感染者とエイズ患者の報告数は累計で9784人となった。

ログインして全文を読む