無症候性脳梗塞と白質病変は脳卒中の発症リスクと死亡リスクに関連していることが分かった。脳ドックを受診した人のデータベースを基にした解析から判明したもので、2月3日、島根大学の卜蔵浩和氏らがポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む