1月20日に開催された第4回「がん医療水準均てん化推進に関する検討会(以下、均てん化検討会)」に尾辻秀久・厚生労働大臣が出席し、対がん戦略強化について前向きな発言を行った。尾辻大臣は、「現状の対がん戦略が不十分ではないか」と、現在、情報を収集しているところという。厚労省に対がん本部を設置することも含めて、強化策を検討している。検討会が終了した後、尾辻大臣に聞いた。(聞き手は埴岡健一)

尾辻秀久厚生労働大臣インタビュー:対がん戦略の中枢から再考への画像

ログインして全文を読む