British Medical Journal誌2005年1月22日号のNews rounupによると、米国食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は1月半ば、米Merck社のスタチン製剤「Mevacor」(一般名:ロバスタチン)の店頭販売承認申請を却下した。一般消費者にとって、この薬剤のリスクが、利益であるコレステロール低下作用を上回ると判断したためだ。委員会の決定は絶対的ではないが、FDAが覆すことはめったにない。もし申請が認められていれば、ロバスタチンは、長期的予防治療薬の中で、処方薬から店頭販売薬に切り替えられる米国初の製品になっていたはずだった。

ログインして全文を読む