British Medical Journal誌2005年1月22日号のNews roundupによると、London大学の研究者らは、新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(variant Creutzfeldt-Jakob Disease:vCJD)に関する近年の発見を考慮しても、英国で1990年代にこの病気に一次感染し、今後死亡すると予想される人の数は、それほど増えないと推算している。詳細は英国Royal Society Interface誌に報告された。

ログインして全文を読む