British Medical Journal誌2005年1月20日号のEditorialで、英国の精神医学の専門家らが、近年の統合失調症関連遺伝子に関する研究を総括、グルタミン酸作動性シナプスの異常がこの病気の発症に関わる可能性を示した。

ログインして全文を読む