分子標的がん治療薬「ゲフィチニブ」(商品名:イレッサ)の有効性を再検討するために厚生労働省が設置した検討会は1月20日の初会合で、非小細胞肺がんに対する「有効性を示唆するデータもある」として、現時点ではゲフィニチブの使用制限を求めないという結論に至った。

厚労省が「イレッサ」有効性の再検討を開始、現時点では使用制限求めずの画像

ログインして全文を読む